ブエノスアイレス

物語の舞台への旅

ブエノスアイレス - 星野智幸『われら猫の子』の舞台

アルゼンチン・ブエノスアイレス

二十一世紀半ばのブエノスアイレスは秋だったが、まだ残暑が厳しかった。照りつける日射しが、ぼくと三世の寝不足の目を容赦なくいたぶる。

「砂の老人」より。

ブエノスアイレスはアルゼンチンの首都で、「南米のパリ」と呼ばれる大都市。欧州的な街並みで、住んでる人もヨーロッパ系がほとんどなんだってね。

主人公は「読み終わることができない本」を持っているという老人を尋ねます。

ブエノスアイレスについて

by Wikipedia

このページへのコメント