古川日出男『ボディ・アンド・ソウル』

現代文学100字レビュー

作品情報

古川日出男『ボディ・アンド・ソウル』の表紙画像
タイトル
ボディ・アンド・ソウル
かな
ぼでぃあんどそうる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ボディ・アンド・ソウル
所要
3時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
作家フルカワヒデオのアイデア無駄湧き&思考だだ漏れメタフィクション。ボディとソウルの関係がもつ悲しみが通底音として鳴ってるのだが、そんなの忘れて(忘れたくて?)編集者との次回作打ち合わせ風景すらロック。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント