高橋源一郎『いつかソウル・トレインに乗る日まで』

現代文学100字レビュー

作品情報

高橋源一郎『いつかソウル・トレインに乗る日まで』の表紙画像
タイトル
いつかソウル・トレインに乗る日まで
かな
いつかそうるとれいんにのるひまで
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
いつかソウル・トレインに乗る日まで
所要
3時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
元活動家の男と韓国人娘の恋愛小説。著者らしくもなく平明な展開のなか、物語というものがどの地平から立ち上がるのか、何を信頼して?と突き詰める意志はある。悔恨とその先の希望を求めるくらいには老成した作品。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント