青木淳悟『四十日と四十夜のメルヘン』

現代文学100字レビュー

作品情報

青木淳悟『四十日と四十夜のメルヘン』の表紙画像
タイトル
四十日と四十夜のメルヘン
かな
よんじゅうにちとよんじゅうやのめるへん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
四十日と四十夜のメルヘン / クレーターのほとりで
所要
2時間
評価
★★★★☆
レビュー
日付に注意をしなければならない。日記は何度も同じ日を踏みなおしながら徐々に遠くまで放り出される仕掛け。ストーリーを捕まえる手がかりもなくて不親切なんだけど、不親切な世界を生きてる純文学なんだぜ。って。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント