川上弘美『なんとなくな日々』

現代文学100字レビュー

作品情報

川上弘美『なんとなくな日々』の表紙画像
タイトル
なんとなくな日々
かな
なんとなくなひび
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
台所の闇 / なんとなくな日々 / 平成の蜜柑
所要
1時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
淡々とゆるい、なんとなくとしか言いようのないエッセイ集。日常から一切出ない。彼女の小説とエッセイは同じ成分でできてるとやはり思う。「去年の暮れに買った蜜柑が、ゆるんでいる。」ほら小説の書きだしと同じ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント