辻仁成『サヨナライツカ』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『サヨナライツカ』の表紙画像
タイトル
サヨナライツカ
かな
さよならいつか
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一部 好青年 / 第二部 サヨナライツカ
評価
★★★☆☆
レビュー
「人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトとにわかれる」。結婚を目前に控えた好青年が、バンコクで謎の女性との愛欲に溺れる。不埒にして純愛の物語。なんというか、非常にズルイ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント