目取真俊『虹の鳥』

現代文学100字レビュー

作品情報

目取真俊『虹の鳥』の表紙画像
タイトル
虹の鳥
かな
にじのとり
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
虹の鳥
所要
2時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
オキナワ基地の町に暗くわだかまる暴力の連鎖。キツイ描写が続いて出口のない小説だが、それはそのまま沖縄が米国から受けている暴力に目を開かざるを得ない造りになっていてさらにツライ。虹の鳥は救いじゃないし。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント