堀江敏幸『熊の敷石』

現代文学100字レビュー

作品情報

堀江敏幸『熊の敷石』の表紙画像
タイトル
熊の敷石
かな
くまのしきいし
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
熊の敷石 / 砂売りが通る / 城址にて
所要
1時間30分
評価
★★★★☆
レビュー
仕事でやってきたフランスで旧友と再会しすれ違う。主人公が痛切に感じることになる異文化コミュニケーションの難しさ、という主題はさておいて、全体を覆う流麗な文章に身を任せても。上品で上質な読後感の純文学。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント