アヴランシュ

物語の舞台への旅

アヴランシュ - 堀江敏幸『熊の敷石』の舞台

フランス・アヴランシュ

写真

「ちょっと待ってくれ」と私は言った。「アヴランシュだって? まさかあの、リトレのアヴランシュじゃないだろうな」

翻訳仕事でフランスを訪れた主人公が、旧友ヤンにアヴランシュへ連れて行ってもらいます。リトレはアヴランシュ生まれの学者で、翻訳仕事ってのが偶然にもそのリトレの伝記だ、というのですね。

アヴランシュは世界遺産モン・サン=ミシェルに近く、作中でもモン・サン=ミシェルを望む岸壁に登ったりします。

アヴランシュについて

アヴランシュ(仏語:Avranches)はフランス・ノルマンディー地域圏のマンシュ県にある都市。

マンシュ県の南岸に位置する。モン・サン・ミシェルを見下ろす丘の上にある町である。

アヴランシュとは、ケルト人の一部族アブリンカトゥイ族(ラテン語表記:Abrincatui、:fr:Abrincates)に由来する。ラテン語のaberは河口を意味し、catuiとは戦士を意味する。すなわち、『河口に住む戦士』となる。

by Wikipedia

このページへのコメント