松浦寿輝『そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所』

現代文学100字レビュー

作品情報

松浦寿輝『そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所』の表紙画像
タイトル
そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所
かな
そこでゆっくりとしんでいきたいきもちをそそるばしょ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
黄昏の疲れた光の中では凶事が起こる / 冷たい深夜の孤独は茴香の馥りがする / 猿と記号の間に過剰な言葉が繁茂する (ほか)
所要
3時間20分
評価
★★★★★
レビュー
緊密な連作を想像させる造本イメージよりはもうちょっと振れ幅のある短編集。普段使わない領域を弄ってくるような文体に酔いながら、気づけばモノトーンの世界にどっぷり浸かってる。冒頭の銅版画の印象が最後まで。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント