佐川光晴『銀色の翼』

現代文学100字レビュー

作品情報

佐川光晴『銀色の翼』の表紙画像
タイトル
銀色の翼
かな
ぎんいろのつばさ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
銀色の翼 / 青いけむり
所要
2時間40分
評価
★★★★★
レビュー
頭痛と心病みから恢復することを祈りながら長く続く苦しみ。夫婦の絆の儚さがより一層重い気分にさせられるが、正統な文学とはこういうものなのだと思ってしまうくらい力強い。独特の語り口調が上手くなじむ作品だ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント