堀江敏幸『河岸忘日抄』

現代文学100字レビュー

作品情報

堀江敏幸『河岸忘日抄』の表紙画像
タイトル
河岸忘日抄
かな
かがんぼうじつしょう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
河岸忘日抄
所要
3時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
異国の河岸に係留された船のなか、静かなる隠遁。厭世風に読書して流れてゆく時間。郵便配達人との会話も老人の死も風景画みたいに淡い。思索を続けながら英気を養うような束の間の休息? 穏やかな気持になれる本。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント