池上永一『復活、へび女』

現代文学100字レビュー

作品情報

池上永一『復活、へび女』の表紙画像
タイトル
復活、へび女
かな
ふっかつへびおんな
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
マブイの行方 / サトウキビの森 / 失踪する夜 (ほか)
所要
2時間
評価
★★★☆☆
レビュー
沖縄舞台だけじゃなく都会の物語も入ってて、バラバラな印象の初期短編集。思いついたギャグを膨らましたらファンタジーになったという風情で浅めなんだけど、雰囲気の作り方は独特。表題作よりは「宗教新聞」かな。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント