石垣島

物語の舞台への旅

石垣島 - 池上永一『復活、へび女』の舞台

石垣島(沖縄県・石垣市)

ビッチンヤマ御嶽は街中にある小さな社と一本の巨大なガジュマルの樹を擁した御嶽だった。祠は風雨で黒ずみ、枝から降りてくる樹の蔦のヴェールを纏ってひっそりと建っている。

「失踪する夜」より。

石垣島。十八番街という歓楽街(魔窟)のそばにある御嶽。作中でオバァなホステスがここで着替えたりしてます。池上永一の作品では『風車祭』でも登場する場所で、実在する御嶽です。

池上永一ファンが訪ねたりもするらしいですね。場所がわかりにくくて、みんな迷うみたい。私が落とした地図位置も自信は無いです。

石垣島について

石垣島(いしがきじま)は、八重山列島の島である。沖縄県石垣市に属する

沖縄県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目、日本全体(北海道、本州、四国及び九州の4島と沖縄本島を含む)では21番目の面積を持つ。人口は約4万9千人(2019年2月時点)。

石垣島は八重山列島の政治・経済・教育・交通などの中心地である。県庁所在地の那覇市からは南西に410km離れており、その距離は東京都から岐阜県までに相当する。一方、台湾とは概ね270kmしか離れておらず、地理的には日本の大半の地域よりも台湾に近い。

白保竿根田原洞穴遺跡から日本最古と見られる約2万年前の人骨が見つかっている。

1771年の八重山地震(明和の大津波)を含めて、巨大津波が過去2000年間に4度押し寄せたことが地層調査で明らかになっている。

by Wikipedia

このページへのコメント