池澤夏樹『光の指で触れよ』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『光の指で触れよ』の表紙画像
タイトル
光の指で触れよ
かな
ひかりのゆびでふれよ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
光の指で触れよ
所要
5時間50分
評価
★★★★☆
レビュー
夫の浮気で家を出たアユミはヨーロッパのスピリチュアルなコミュニティに身を寄せる。なんて設定に唐突感を覚えないではないものの、自然回帰、パーマカルチャー農法への傾倒は、消費経済からの降り方として指南的。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント