佐藤友哉『クリスマス・テロル ― invisible×inventor

現代文学100字レビュー

作品情報

佐藤友哉『クリスマス・テロル』の表紙画像
タイトル
クリスマス・テロル
かな
くりすますてろる
副題
invisible×inventor
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 漂流者 / 第二章 労働者 / 第三章 観察者 (ほか)
所要
1時間40分
評価
★★☆☆☆
レビュー
孤島で謎の男を監視する。男は小屋のなかから忽然と消え失せる…というようなストーリーには作品的な重要さはなくて、終章のテロルのやり方だけが鑑賞ポイント。ネタだとしても自己弁護の恥ずかしさが来るので無理。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント