佐川光晴『灰色の瞳』

現代文学100字レビュー

作品情報

佐川光晴『灰色の瞳』の表紙画像
タイトル
灰色の瞳
かな
はいいろのひとみ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
灰色の瞳
所要
2時間50分
評価
★☆☆☆☆
レビュー
甥と姪を引き取ろうと決意するに至るヒロインの心の動きも分からなければ、唐突に丸山眞男の思想研究に突入したりするのも(著者らしいとは言え)脈絡がない。小説として破綻してることまで楽しめるファン向きだろう。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント