前田司郎『夏の水の半魚人』

現代文学100字レビュー

作品情報

前田司郎『夏の水の半魚人』の表紙画像
タイトル
夏の水の半魚人
かな
なつのみずのはんぎょじん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
夏の水の半魚人
所要
1時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
これまでの作品に比べても捻りの少ない、小学五年生的な生活を丁寧に映す小説。少年らしい「世界の狭さ」が懐かしい。自分の感情を未だ名づけえない時代。でももっと奇抜なこと書いてるほうが似合う作家だとは思う。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント