川崎徹『会話のつづき ― ロックンローラーへの弔辞

現代文学100字レビュー

作品情報

川崎徹『会話のつづき』の表紙画像
タイトル
会話のつづき
かな
かいわのつづき
副題
ロックンローラーへの弔辞
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
会話のつづき
所要
1時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
忌野清志郎を悼みながら、次々浮かぶ死にまつわる記憶から「時代の終わり」への諦念をつのらせる。怒りでも悲しみでもない静かな諦めで、作品全体に老齢の乾きがある。実際には「清志郎」の名も登場しない、小説だ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント