佐川光晴『家族芝居』

現代文学100字レビュー

作品情報

佐川光晴『家族芝居』の表紙画像
タイトル
家族芝居
かな
かぞくしばい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
子どものしあわせ / 弔いのあと / お嫁さんがやってくる
所要
2時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
老人ホームでの楽しい共同生活。従弟の医学生と会計ボランティア女性の二人の視点から描かれるはずの、善男のキャラクターが老婆に埋もれちゃってわやわや。でも葬儀バスツアーのモノクロームな印象だけは強く残る。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント