吉田修一『あの空の下で』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『あの空の下で』の表紙画像
タイトル
あの空の下で
かな
あのそらのしたで
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
願い事 / 自転車泥棒 / モダンタイムス (ほか)
所要
1時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
ANA機内誌『翼の王国』連載の短編小説&エッセイ。媒体要請どおりでナンだけど、爽やかに旅情をかきたてる。読者が見えてるこの器用な感じがなんとも吉田修一。「恋じゃなくなる日」風な香味も効いてていい味ね。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント