青木淳悟『私のいない高校』

現代文学100字レビュー

作品情報

青木淳悟『私のいない高校』の表紙画像
タイトル
私のいない高校
かな
わたしのいないこうこう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
私のいない高校
所要
2時間10分
評価
★★★★☆
レビュー
主人公がいないとか、物語性を最後まで抑圧してみせたりとか、「誰も見ていない時、月は存在するか?」という問いの、見られてない月を描写する試みだと言える。実験性がいつも人を楽しませるわけではないけどもね。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント