本谷有希子『あの子の考えることは変』

現代文学100字レビュー

作品情報

本谷有希子『あの子の考えることは変』の表紙画像
タイトル
あの子の考えることは変
かな
あのこのかんがえることはへん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
あの子の考えることは変
所要
1時間10分
評価
★★★★☆
レビュー
「エキセントリックな女」小説。対話のノリが演劇的すぎ。ここでドッときて一転して静まり返る、みたいな客席のリアクションを主人公たちが待って動いてる。小説としては寒いとも新しいとも言う。無類に楽しいけど。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント