大崎善生『優しい子よ』

現代文学100字レビュー

作品情報

大崎善生『優しい子よ』の表紙画像
タイトル
優しい子よ
かな
やさしいこよ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
優しい子よ / テレビの虚空 / 故郷 (ほか)
所要
2時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
ノンフィクション連作小説。巻頭の表題作は「重病により命を落とす子」で、感動シーンだけ取り出した編集映像みたいにやや鼻白む(泣いたけど)。でも「新たに命を授かる子」で終わる短編集の構成としては美しい流れ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント