青山真治『ストレンジ・フェイス』

現代文学100字レビュー

作品情報

青山真治『ストレンジ・フェイス』の表紙画像
タイトル
ストレンジ・フェイス
かな
すとれんじふぇいす
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第1章 島 / 第2章 顔 / 第3章 家 (ほか)
所要
3時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
八重山の高層ビル建築を巡る、開発側と地の霊力との衝突。「尖閣」なんて政治的なワードも出てくるけど出自としての腰の座り方の問題。終盤が突然に村上龍風で驚いた。こんな後味悪めに仕上げる必要あるんだろうか。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント