島田雅彦『カオスの娘 ― シャーマン探偵ナルコ

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『カオスの娘』の表紙画像
タイトル
カオスの娘
かな
かおすのむすめ
副題
シャーマン探偵ナルコ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
テイレシアスの末裔 / 行方不明のM / 魔王子 (ほか)
所要
4時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
「シャーマン探偵」シリーズを目論む「誕生編」。シャーマン設定も活きてると言いがたく(これスピリチュアルか?)探偵ですらないけど。監禁暴行系の耐性ないのでキツイが、クライマックスのやっちゃった感はすごい。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント