柳美里『家族シネマ』

現代文学100字レビュー

作品情報

柳美里『家族シネマ』の表紙画像
タイトル
家族シネマ
かな
かぞくしねま
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
家族シネマ / 真夏 / 潮合い
評価
★★★★☆
レビュー
芥川賞受賞作を含む短編集。崩壊した家族が映画出演のために再び寄り集まる。カメラを通した虚構の家族、その脆い絆を描く装置として見事。読んでいて非常にイライラするが(いじめの「潮合い」は特に)それも手の内。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント