柳美里『仮面の国』

現代文学100字レビュー

作品情報

柳美里『仮面の国』の表紙画像
タイトル
仮面の国
かな
かめんのくに
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
第一章 仮面の国 / 第二章 攻撃すべきは、あの者たちの神だ / 第三章 正義とは悪魔が被る仮面にて (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
「サイン会中止事件」で言論という舞台へ。少年犯罪から教育、家族の問題へ降りてゆく説得力はさすが。四方に敵を作ってゆく過程もよく分かる。言ってる事は真っ当だから、文章表現に苛立つ人も多かったんだろうな。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント