カズオ・イシグロ/土屋政雄『日の名残り』

現代文学100字レビュー

作品情報

カズオ・イシグロ/土屋政雄『日の名残り』の表紙画像
タイトル
日の名残り
かな
ひのなごり
原題
The Remains Of The Day
著者
NDC
933 文学>英米文学>小説 物語
目次
プロローグ 一九五六年七月 ダーリントン・ホールにて / 一日目――夜 ソールズベリーにて / 二日目――朝 ソールズベリーにて (ほか)
所要
3時間
評価
★★★★☆
レビュー
英国の斜陽、貴族社会も変質してきたけども、いまだ背筋のぴんと伸びた老執事の回顧譚。「この国の品格」を体現した彼は、自分の歩んだ道程を誇りながらも、でも失ってしまったものに苛まれ。静かな叙情が胸に迫る。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント