平野啓一郎『日蝕』

現代文学100字レビュー

作品情報

平野啓一郎『日蝕』の表紙画像
タイトル
日蝕
かな
にっしょく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
日蝕
評価
★★★★★
レビュー
15世紀南仏。とある神学僧が森に住む錬金術師と出会い、事の真実へと潜ってゆく。両性具有者、魔女、神と悪魔の長編。難解な文体は中世の禍々しくも美しい世界を描ききるために選び取られ、適切な効果を成している。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント