リヨン

物語の舞台への旅

リヨン - 平野啓一郎『日蝕』の舞台

フランス・リヨン

里昂(リヨン)に着き、其処で数日を過ごした私は、求める文献を手に入れることが予期した以上に困難であるのを知った。これは、文献が見附からぬと云う根本の面と、身を寄せた当地の修道院で、旅僧たる私にも、托鉢と説教に因る司牧とが義務付けられたと云う実際の面との、二面を有した問題の為であった。

フランス南東部の都市、リヨン。主人公である神学僧が、リヨンで錬金術の驚異に触れます。

リヨンについて

by Wikipedia

このページへのコメント