保坂和志『この人の閾』

現代文学100字レビュー

作品情報

保坂和志『この人の閾』の表紙画像
タイトル
この人の閾
かな
このひとのいき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
この人の閾 / 東京画 / 夏の終わりの林の中 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
丁寧に心理を追うという意味では正統的な作品集。自分の心を覗きながら生きてる人だね。適度に洗練された会話文は気持ちいいとこ突いてくる。変わった物と変わらない物を確認して鎌倉を歩く「夢のあと」が好きだな。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント