池澤夏樹『夏の朝の成層圏』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『夏の朝の成層圏』の表紙画像
タイトル
夏の朝の成層圏
かな
なつのあさのせいそうけん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
夏の朝の成層圏
評価
★★★★★
レビュー
無人島に漂着した男を通して痛烈な文明批判が展開される傑作長編。舞台が南島だけあって実に明るくさわやかに物語は進む。自然との一体感、という彼の著作共通の主題が(あるいは彼の人生観が)最大限に生きる作品。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント