磯崎憲一郎『肝心の子供』

現代文学100字レビュー

作品情報

磯崎憲一郎『肝心の子供』の表紙画像
タイトル
肝心の子供
かな
かんじんのこども
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
肝心の子供
所要
50分
評価
★★★☆☆
レビュー
ブッダとその子、孫の三代を追う物語。要らない枝葉はばっさり省略されてて、小説というより神話のような軽味。この枚数でこの年代記を語ろうとした、そのたくらみがどの辺にあるのか判然としないが、印象には残る。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント