花村萬月『重金属青年団』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『重金属青年団』の表紙画像
タイトル
重金属青年団
かな
じゅうきんぞくせいねんだん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
重金属青年団
評価
★★★★★
レビュー
クスリ漬けのブンガクさんを仲間に加え、バカスケ共は単車を北へ北へと走らせる。奇妙な人物造型と唐突な暴力、あるいはクサイ台詞。それが魅力となる不思議。なんとなく著者のイメージに近い作品だという気がする。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント