角田光代『八日目の蝉』

現代文学100字レビュー

作品情報

角田光代『八日目の蝉』の表紙画像
タイトル
八日目の蝉
かな
ようかめのせみ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
八日目の蝉
所要
3時間10分
評価
★★★★☆
レビュー
不倫相手の子を誘拐、偽りの母娘の逃亡生活とその代償を描く。犯罪・裁判モノとして読むとご都合主義的な展開が気にならないわけではないが、衝動としての母性に心揺さぶられる。出処の知れない悲しみに満ちながら。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント