川上弘美『ざらざら』

現代文学100字レビュー

作品情報

川上弘美『ざらざら』の表紙画像
タイトル
ざらざら
かな
ざらざら
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ラジオの夏 / びんちょうまぐろ / ハッカ (ほか)
所要
1時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
淡い恋の香りを集めた短編集。描かれる恋の形は様々で、怖めなのやエロめなのまで余裕の幅広さなんだけど、読後に残る色は割と似てるというかどれも連載誌「クウネル」カラーになってる。そういう意味でも感心した。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント