野田知佑『日本の川を旅する ― カヌー単独行

現代文学100字レビュー

作品情報

野田知佑『日本の川を旅する』の表紙画像
タイトル
日本の川を旅する
かな
にほんのかわをたびする
副題
カヌー単独行
著者
NDC
291 歴史>地理・地誌・紀行>日本
目次
釧路川 いざ原野の光の中へ / 尻別川 幻の魚イトウを釣った / 北上川 雨ニモ負ケル、風ニモ負ケル (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
日本縦断カヌー川下りの紀行文。飛沫上がるような涼しげなルポがあり、汚れ行く川への静かな哀悼がある。その土地の風俗や民度がよく分かる。この身軽な生き方を真似ようと思っても、現在の川はさらに死に体なのか?
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント