村上龍『愛と幻想のファシズム』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『愛と幻想のファシズム』の表紙画像
タイトル
愛と幻想のファシズム
かな
あいとげんそうのふぁしずむ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
愛と幻想のファシズム
評価
★★★★★
レビュー
近未来を舞台にした重厚な政治経済小説。強い奴だけが生き残る適者生存という理念を抱え巨大化する政治結社・狩猟社。トウジの圧倒的カリスマがとにかくすごい。小説世界を越えて読者まで惹きつける暴力的な魅力だ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント