村上龍『イビサ』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『イビサ』の表紙画像
タイトル
イビサ
かな
いびさ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
序章 / 第1章 パリの憂鬱 / 第2章 モンテカルロのゴースト(幽霊) (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
「友達がいない」主人公は自分と向かい会うために旅に出る。自分を探す者はみな破滅する、その狭間を探し。精神世界の深部で迷子になるような小説で、作家として「これ以上進むとヤバイ」ギリギリの生還点ではある。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント