藤沢周『陽炎の。』

現代文学100字レビュー

作品情報

藤沢周『陽炎の。』の表紙画像
タイトル
陽炎の。
かな
かげろうの
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
陽炎の。 / 海で何をしていた? / 砂と光 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
失業者の苛立ちを描いた表題作と、前後不覚の幻想生活「事情聴取」がイカす短編集。これまで内面をあえて排除する作家なのかと思っていたが、ここではキリキリと胃痛のような精神活動がある。新潟弁もどこか新鮮だ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント