池上永一『ぼくのキャノン』

現代文学100字レビュー

作品情報

池上永一『ぼくのキャノン』の表紙画像
タイトル
ぼくのキャノン
かな
ぼくのきゃのん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ぼくのキャノン
所要
3時間40分
評価
★★★☆☆
レビュー
キャノン砲が村の守り神だ。「まだ終わってない」沖縄戦の記憶を描きながらもドタバタファンタジーで、ジュブナイル風でもありながら平和への祈りも入ってる。寿隊のバカバカしさとか、この作者らしい楽しみがある。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント