古川日出男『馬たちよ、それでも光は無垢で』

現代文学100字レビュー

作品情報

古川日出男『馬たちよ、それでも光は無垢で』の表紙画像
タイトル
馬たちよ、それでも光は無垢で
かな
うまたちよそれでもひかりはむくで
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
馬たちよ、それでも光は無垢で
所要
1時間30分
評価
★★★★☆
レビュー
震災の翌月、福島浜通りへ向かう郡山出身作家。被災地ルポに『聖家族』を敷いた幻視が絡む著者らしい混濁物。現地で見た状況に誠実であろうという態度が物語りを制約してるが、この筆のスピード感は評価すべきだな。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント