南相馬

物語の舞台への旅

南相馬 - 古川日出男『馬たちよ、それでも光は無垢で』の舞台

南相馬(福島県・南相馬市)

写真

そのコンビニエンス・ストアでは弁当、おにぎりの類いが欠けている。物資が不足していた。カップラーメン類も。棚に欠落がある。ここはまだ屋内退避指示の半径三十キロ圏内に入っていないのに。南相馬市内だというだけなのに。

南相馬市の鹿島区、福島第一原子力発電所から30キロ圏の円弧北端のあたりです。郡山出身の作家として、被災地が見たい、福島が見たいとレンタカーでやってきた浜通り。作中では相馬の「馬」の由来、歴史も語られながら、物語性へと広がって行きます。

南相馬市の30キロ圏内か圏外か、は今(2011/8/7)まさに義援金配分方についてもめているところでもあります。そういう意味でも見えないライン(もちろん住民が作ったんじゃない、国と東電が作ったラインだ)がある地域です。

引用文の箇所に続いて、3キロほど東になる海岸へ向かうのですが、そこにあるはずの神社がない、瓦礫のなかで失語してしまう作家。

あと作中では、南から円弧に迫る、いわきのほうも訪ねています。

南相馬市について

南相馬市(みなみそうまし)は、日本の太平洋沿岸北部、福島県に所在する市である。

by Wikipedia

このページへのコメント