鈴木清剛『ロックンロールミシン』

現代文学100字レビュー

作品情報

鈴木清剛『ロックンロールミシン』の表紙画像
タイトル
ロックンロールミシン
かな
ろっくんろーるみしん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ロックンロールミシン
評価
★★★★★
レビュー
インディーズブランドでビックになる友人の夢に感化されてゆくサラリーマン崩れの主人公。終わりと始まりとがミシンのリズムで鳴っている。若さへの甘えも感傷で流してしまえば青春の一ページ、という策略的うまさ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント