紀伊熊野、寺社巡り旅

旅行記

行程

1997-09-20
東京―石山―京都
1997-09-21
京都―和歌山―加太―和歌山―紀三井寺―新宮
1997-09-22
新宮―湯の峰温泉―熊野本宮大社―新宮
1997-09-23
新宮―尾鷲―名古屋―東京

石山から和歌山市方向へ進んで、さらに南紀をぐるっとまわって新宮・本宮へ。熊野は行きたかったので嬉しい。

1997年9月20日(1日目) 紫式部の寺へ

石山寺
石山寺

滋賀県は大津の南、石山。今日の目的地は石山寺。紫式部が『源氏物語』の構想を練ったという「源氏の間」が残ります。文学の香りがそこはかとなく漂う、なおかつ女性的な優美さのあるお寺ですね。紫式部はここから見える月に魅せられたということですが、昼間の参詣では月は味わえません。残念。

名前の由来である「石山」。天然記念物の硅灰岩が露出し石山となっているもので、珍しい景観とのことですが、よく分かりません。

多宝塔はすごく美しいものでした。フォルムとして。

建部大社
建部大社

近くにある建部大社へも歩いて訪ねました。日本武尊を祀ります。瀬田川沿いに静かにたたずんでいます。静寂がいいねーというか誰もいなくて静かすぎる、ひとりぼっちでした。

京都へ出て、駅前のビジネスホテルに宿泊。

1997年9月21日(2日目) 紀州の城下町

和歌山城
和歌山城

京都から移動、和歌山へ入ります。和歌山駅で列車を降りて、和歌山市駅のほうへ向かって歩きました。その途中、市街中心にどっしりとかまえるのが和歌山城です。徳川頼宣入城後、紀州徳川家の居城となったもの。吉宗の生育地でもありますね。

昭和の再建ですが、重厚感のある立派な天守。天守閣の上からは市街が一望できます。

淡嶋神社
淡嶋神社

和歌山市駅から南海加太線に乗って加太エリア、淡嶋神社へ。海水浴場もあり明るい雰囲気のなか、ここだけ異質な雰囲気を放っています。

その異様なオーラの正体は、なかに入るとすぐ分かります。「人形供養」で有名な神社なのですね。奉納された人形がずらり並ぶ様子はかなり怖いものがありました。そういう意味では印象深い神社です。

髪の毛が伸びる人形があったり、ホラースポットとして紹介されることもあります。いずれにしても情や念や何やかやがこもった、こもったゆえにこの神社に納めざるをえなかった人形たちが境内に溢れています。

動物の置物も供養
動物の置物も供養

日本人形だけでなく、実に様々な「捨てたいけど捨てられない」ものが納められています。つまり「生命の形を模したものには生命が宿る」ということで、写実的であればあるほど、そこには魂が入ってしまうのですね。

たとえば狸、犬の陶器製置物。日本人形はまだ分かる。供養したい気持ちは分かります。でもこの陶製の置物はどうでしょうか。霊供養の信仰というよりも処分に困っただけの粗大ゴミという気配も濃厚です。そういうのがずらっと並んでいる風景って。

仮面も供養
仮面も供養

あるいは仮面なんてのもあります。能で使うような面(これは怖いよね)から、アジア旅行のおみやげに買ってきたようなものまで。こういうのを奉納しにくる人ってどんな人なんでしょうか。あるいは下着なんかも奉納されています。うーん、やっぱり捨てづらいものを持ち寄ってるだけな気もする。

紀三井寺
紀三井寺

淡嶋神社を退去、気を取りなおして列車で南下、紀三井寺へ。長い石段を登った、和歌浦湾が見渡せる高台にある古刹です。桜の名所でもあります。

陽が傾いてきました。キレイな夕焼けが出ました。古寺で夕焼け、いいですね。

この日の予定はあまりちゃんと考えてなくて、和歌山で宿泊とするか迷いながら、特急に乗って新宮まで一気に向かうことにしました。スーパーくろしお。新宮へ出てビジネスホテル泊。

このページへのコメント