10年ぶりのリベンジ伊勢詣

旅行記

行程

2006-04-30
東京―桑名―鈴鹿
2006-05-01
鈴鹿―松阪
2006-05-02
松阪―明和―伊勢
2006-05-03
伊勢―五十鈴川―伊勢―松阪
2006-05-04
松阪―津―白子―四日市
2006-05-05
四日市―東京

以前に伊勢に行ったとき、外宮だけで内宮のほうには行かなかったんですよ。それが心残りというか、伊勢に行ったことになってないって思って、もう一回行ってきました。

2006年4月30日(1日目) 多度大社は水の匂い

多度大社本宮
多度大社本宮

今回、伊勢に参ろうと思って出てきたのですが、三重県内、興味ある寺社がいろいろあるのであわせてめぐってきました。まずは桑名方面は多度。近鉄養老線、多度駅を降りて徒歩15分、「お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片参り」と詠われた多度大社です。慣習に則って、多度も参ろうと思ったのですね。きょうび、こんなに律儀な旅人も少なかろうという。

結果的に言うと、今回の旅で一番気に入った場所がここです。本宮へ向かって参道を歩いていると空気が変わっていくのが肌に感じられ、一番奥の本宮と別宮に挟まれた空間は非常に清浄な場所です。私の中のよからぬものが抜けていくような気持ちよさがあります。

多度大社の滝は龍の穴
多度大社の滝は龍の穴

写真は本宮すぐ右手にある滝ですが、この水の匂いがね、格別なんですよ。龍が見えますか? 風水が言うところの「龍穴」があるという話です。

帰り際、参集殿のベンチで座っていたところ、「液晶テレビってダメね。テレビの上にこけし置けないんだもの」って後ろで談話してるおばさんが。思わずぎょっとして振り返りつつ、ああ下界に戻ってきたのだな、と思いました。

近鉄鈴鹿線平田町駅まで出て、駅前のビジネスホテルに投宿。Googleマップでよさそうな店を目星付け夕食に出たところ、「夜の街」エリアだったようで「お兄さん、こんばんわー」と次々声を掛けられる。肝心の店は定休日でがっかり、ラーメン屋でラーメンを食べて帰る。重松清『疾走』をがっつり読む。

2006年5月1日(2日目) 知る人ぞ知る、椿大神社

パワースポット、椿大神社
パワースポット、椿大神社

鈴鹿といっても、サーキットには興味ありません。平田町駅からバスで50分の山すそにある椿大神社(つばきおおかみやしろ)へ。四日市からもバスがありますが、平田町からのほうが便数多いようです。観光客などいない、近所のおばあさんしか乗ってないバスです。

ここは猿田彦大神を祀る神社の総本山。猿田彦は道案内をした神ですから、新たな道を進もうとされてる方に特に霊験あらたかなのだとか。「新たな道を進むべきなんだったら教えてくれ」というやや身勝手なお願いをしてきました。私の道は示されるでしょうか。

御船磐座。ここに何が降りたのか
御船磐座。ここに何が降りたのか

また「国内有数のパワースポット」であるともいわれる神社です。それゆえ、ぜひとも行ってみたいと思ってたところです。というよりも、今回の旅は伊勢よりこちらへ参拝するのが主目的だったりしまして。そのパワーのほどはうまく体感できなかったのですが……。

境内は広く、参道途中には猿田彦の墳墓といわれる土公神陵や、魂を奉じた御船磐座があり、拝殿右手、別宮椿岸神社を越えた先には松下幸之助が寄進した茶室・庭園もあります。松下幸之助を神として祀る社もあります。それはそれでどうなんだと思いますが。

花の形をしたおみくじが名物ということで、よく見ると恋愛運のおみくじだったりして、迷ったのですがえいやっとひいてきました。結果はちょっとしょんぼりですが、ちいさな椿の花のお守りが入っていて、なかなかかわいいです。携帯電話などに付けるとよさそうです。携帯持っていませんが。

わしわし歩いて荒神山観音寺へ
わしわし歩いて荒神山観音寺へ

神社前の食事処で昼食後、バスでしばし戻って荒神山観音寺へ。「荒神山の血煙」と浪曲にもなっている博徒が死闘を繰り広げた事件の舞台。誰もいない静かな境内。

その横の鈴鹿フラワーパークで親子連れがお弁当食べてたり少年がスケボーの練習をしてたりするのをしばらくぼんやりと眺めた後、白鳥湖(加佐登調整池)のまわりをぐるっと回るように歩いて加佐登神社へ。いや、ごめんなさい、途中近道できるっぽいところがあって柵を飛び越えて入りました。

日本武尊の白鳥陵
日本武尊の白鳥陵

加佐登神社は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を祀る社。神社裏手の白鳥陵は日本武尊の陵墓だと言われている。日本武尊の墓と目されるのはいくつかあって、宮内庁が比定するものは実は大阪にあったりするんですけど、「加佐登にあるような小さな円墳じゃかわいそうだ、前方後円墳じゃなくちゃ」みたいな気分的なものだったりするので定かではないんですね。定かではないなら調査したらいいじゃないか、と庶民は思うのですが、調査する気はない、って謎のままになっているのが日本の古代史なのです。

JR加佐登駅まで歩いたのですが、やっぱりこのエリアはJR使いにくいな、とバスで平田町駅まで戻り、近鉄線で松阪まで。津にも寄ろうかと思ったのだけれど気分で飛び越えて松阪まで。

松阪といえば牛でしょう。と良い牛を食わせるらしい店を訪ねたのですが、入り口に置いてあるメニューの前で女性三人組が「1万円だって・・・」とか言ってる声を聞き逃げ帰る。振り返ると、その女性陣も別の店を探して歩いてる。うむ。

その後、ホテルで重松清『疾走』を午前3時に読み終わり、しばらく放心。今回の旅中、ずっと放心。

このページへのコメント