瀬戸内の巨石を訪ねて

旅行記

行程

2007-03-09
倉敷―岡山―吉備路―総社―福山
2007-03-10
福山―尾道―広島―広島市街―広島
2007-03-11
広島―宮島―東京

巨石文化という言葉をご存知だろうか。ドルメン、メンヒル、ストーン・サークル・・・。世界中に先史時代の痕跡として存在する巨石たち。そしてそれは、もちろん日本にもある。今回は瀬戸内にある巨石を訪ねる。断じてトンデモではない。

2007年3月9日(1日目) 倉敷から吉備路へ

倉敷美観地区
倉敷美観地区

「瀬戸内の巨石を訪ねて」などと教養番組のようなタイトルを誂えてはみたものの、巨石巨石とまっしぐらに歩いてきたわけではないというか、正直に申し上げればそんなテーマはこの文章をどのように執筆編集すべきか呻吟しながらいま思いついたばかりであるので、すぐそばにある重要な巨石に足を向けずに素通りしていたりする。その点ご容赦願いたい。さらに言えば語り手であるこの私も架空の人物かもしれず、頭からお尻まで全部フィクションかもしれないことをお含みいただきたい。

私はまず倉敷へやってきていた。倉敷といえば美観地区、大原美術館などの美術館や白壁の古い町並みが唐突に出現するいささか気恥ずかしい観光地だ。撮影セットのような一角では熟年観光客の写真撮影大会が朝から繰り広げられていた。「カメラお願いできますか?」「いいっすよ」と気さくに応じたりもしながら(自慢ではないが私のカメラお願いされ率は非常に高い)美観地区を歩くも、しかし私がこの町へやってきた目的はここではない。

阿智神社
阿智神社

美観地区をやや外れた場所に阿智神社がある。社伝では応神朝期、当時倉敷一帯が海の底だった頃にこの神社のある山が島として存在しており、朝鮮から渡ってきた阿智一族が島の頂上に日本で最初の蓬莱庭園を造ったとされる。その庭を構成したと思われる磐境、磐座、鶴亀の石組が今に残る。

それほど興を生む景勝ではない。しかし重要なことは、そんな曖昧な伝説で語られるくらい古くから信仰の対象としての大岩がここにあって、今もそれが祀られているということだ。あるいは磐を祀るために社が建てられたということだ。古来より人々がこの磐にどのような力を見出してきたか、想像してみるとよい。まぁ序の口ではある。

吉備津彦神社
吉備津彦神社

岡山駅前で昼食をとった後、私は吉備路へ向かった。桃太郎伝説に見られるような古い伝承の多い土地だ。写真は吉備津彦神社である。境内脇から背後の吉備中山を登ってゆくと特異な巨石群に出会うことができる。山全体が神域と言ってよく、麓にある社はこの山を奉じるためにある。また参道のそばには環状列石まであるのだ。今回はどちらも見に行っていないのだが。

中山の麓をぐるり歩いて吉備津神社まで向かうこととし、途中、牛の鼻輪を祀る鼻ぐり塚へ立ち寄った。山と積まれた鼻輪には、敬虔さを突き抜けた先の哀しみが漂っている。同じ道中にある、営業しているのか廃業したのか分からない寂れたラブホテルと同じくらいの哀しさがあった。

吉備津神社の回廊
吉備津神社の回廊

吉備津神社は備中国一宮である。先の吉備津彦神社は備前国一宮にしてこの吉備津神社の分祀ともいう。屋根葺き替えの工事中ということで、特徴的な比翼入母屋造りの社殿は全体をシートで覆われている状態であった。残念がりながら回廊を歩いた。釜を焚いて吉凶を占う鳴釜神事も金曜日は休みということで立ち会えず終いであった。知らずに来たの?と問われれば、もちろん知らずに来たのだと胸を張る私である。

ここには桃太郎のモデルとされる吉備津彦命が温羅(鬼)を退治した際に矢を置いた岩という巨石、矢置岩が残る。しかしそれを眺めて「へぇ、ここにこうやって矢を置いたのね」と瞬解される方は少ないことと思われる。その用途にはややそぐわない大きさ、形状なのである。これは古代、別の由来をもつ岩であったものが、何らかの理由により伝承を歪められてしまったものと考えるのが自然である。当時の為政者にとって不都合があったのであろうか・・・そのようなことを考えながら茶屋できびだんごを頬張った。あの、お茶もらえます?

備中国分寺の五重塔
備中国分寺の五重塔

さらに吉備路を総社へ出、備中国分寺へとバスに乗りこんだ。現在五重塔が見られる国分寺は江戸期に再興されたものであり、天平の国分寺は土の下に埋もれている。林のなかに礎石だけが残る備中国分尼寺跡のほうがまだしも昔日の面影に思いを馳せることができるのではないだろうか。

田園地帯を歩く。

吉備路の夕暮れ
吉備路の夕暮れ

全国で四番目の大きさを誇る前方後円墳、造山古墳をはじめ、周辺には古墳が点在する。私は桃太郎伝説とは古来この地にあった勢力を制圧した侵略者たちの物語と読む者であるが、自分たちがかつて「侵略者」であったことの記憶が、必要以上に大きな古墳を作って力を示してみせる方向に作用したのではないだろうか。

日が暮れてきたので吉備路を離れることにした。野良猫を撫でながら帰りのバスを待つ間、私は、この夕陽が果たして数千年前の夕陽と同じものなのかどうかと考えていた。

2007年3月10日(2日目) 尾道へ

福山城
福山城

福山で宿をとった私は翌朝、福山城を訪ねた。江戸期になってから築城された新しい城で、このくらい浅い歴史の遺物には関心の薄い私ではあるが、駅至近にして立ち寄りやすいがため朝の散歩にと出かけてみたのである。

天守閣からは福山の市街が見渡せた。駅周辺の再開発に伴って発掘された遺構が次々と破壊されているのだとも聞く。悲しいことである。

尾道の坂を上る
尾道の坂を上る

そして、私は尾道へやってきた。石畳と坂の町、林芙美子に志賀直哉らの文学の町、大林宣彦氏の映画の町と様々な顔で知られる町であるが、私に言わせれば尾道は巨石の町なのである。

巨石の話は後段へ譲るとして、まずは観光客として町を案内してみたい。山の斜面に張り付くように横に広がるのが尾道だ。それゆえ始終坂を上り下りすることになる。私もまだまだ若いつもりであるが少々息が切れる。潮風に背を押されるようにして歩いた。細い路地をくねるように石畳が続く。

天寧寺の五百羅漢
天寧寺の五百羅漢

そして、そこかしこに建つ寺院。尾道を歩くとは、寺院を訪ね歩くということに他ならない。駅前で頂戴した観光地図を開くまでもなく、分かれ道には案内板が整備されており迷うようなことはない。案内どおりに寺院を順に見て歩くのが最善である。

寺院の名前も分からなくなり、それぞれの印象が侵食しあって、もはやどこを訪ねているのかも分からなくなってくる。

しかしなかでも天寧寺にある羅漢堂に並ぶ五百羅漢像は印象深いものであった。五百羅漢というとき、一般には質素な石仏を想像される方が多いのではないか。こちらは彩色鮮やかな木造仏(塑像もある)である。

このページへのコメント