子供とテーマパークin名古屋

旅行記

行程

2011-11-25
東京―名古屋―長島―名古屋
2011-11-26
名古屋―桑名―長島温泉―桑名―名古屋
2011-11-27
名古屋―東山公園―名古屋―東京

名古屋を起点に、三重長島のアンパンマンミュージアムから名古屋市東部の東山動物園など、2歳の子供を喜ばすための旅です。たいそうお喜びいただきました。

2011年11月25日(1日目) 噂のなばな

山本屋本店の味噌煮込うどん(たべかけ)
山本屋本店の味噌煮込うどん(たべかけ)

昨年は鎌倉~湯河原だったんだけど今年はどこにしようか、とすでに「毎年恒例イベント」感のある娘の誕生日旅行。2歳になる娘を連れて今年は名古屋に行ってきました。なんか気分的に西?というのと、あんまり移動時間が長くないほうがまだいいねというので旅先探してて、名古屋(正確に言うと三重県)にあるアンパンマンミュージアムを見出したのでした。アンパンマン大好きっ娘なので。

そんなわけで名古屋。朝ウチを出てきてお昼に名古屋、新幹線を降りるころに娘が昼寝に入っていたのでしばらくエスカ地下街をぶらついて時間を潰した後、その一角にある味噌煮込うどんの山本屋本店で昼食。名店です。やや柔らかめに作ってくれとオーダーしたのですが、カラいし硬いしで娘は食べないかな?と思ったんだけど食べました。うまうま。食べ始めてから「あ、写真!」と気づいた途中の写真をアップしておきます。

食後、名古屋駅直結のタカシマヤで、オムツ替えルームを見に行きました。多めには持ってきてるけどオムツ無くなったらここの自販機で買えるねという確認を。駅周辺のコンビニやドラッグストアに「オムツ置いてます?」と嫁が事前に電話してて、どこにもなかったという話。宿泊は同じビルにある名古屋マリオットアソシアホテル。「ホテルのフロントに聞くのが一番早いんじゃね? マリオット様だったらホテルマンが買いに走ってくれるだろ」などと適当なことを言ってたのですが、結局フロントには聞かずじまいでした(オムツ足りた)。

なばなの里「光の回廊」。どう撮っても人波が写る
なばなの里「光の回廊」。どう撮っても人波が写る

ひとまずホテルにチェックインし荷物置きした後、初日のメインイベントはなばなの里のイルミネーションです。名古屋から近鉄で20分、長島駅まで、駅からバスがあります。今シーズンから長島駅発着になったらしいですね。うっかり昨年の情報で予定を考えてたときには桑名駅からのバスだと思ってたので、事前に気づいてよかったです。

「なばなの里のイルミネーション」といってどのくらいの人がピンと来るのか分かりませんが、会社でやってるWebサイトで「イルミネーションフォトコンテスト」なんてものを何年もやってて、最優秀作品候補になばなイルミが入ってない年がない、毎年すごい写真が集まるイルミネーションなんです。最終的には「これはカメラマンがスゴイのではなく、なばながスゴイのだ」と気づいて割り引いて評価するようになった(なんてことこんなところで言っていいのか分かりませんが)、そういうので頭に残ってるスポットなんですね。正体としては植物園で、普段はお年寄りが集まる観光地、ですが、イルミの季節は一変。一度は行ってみたいと思ってたのを今回果たしたわけです。

着いたのは16時半ころで、イルミネーション点灯は17時から。スタートダッシュしたい人たちがすでに行列を作ってます。こりゃだめだと先に園内の食事処で早めの夕食にしまして、食べ終わって出たらもう陽は落ち、イルミの世界。いやー、噂に違わずすごいですね。教会を遠景にした水上イルミネーションもキレイでしたし、「光の回廊」がとくかく圧巻。光のなかを進むトンネル、しかもひとつひとつが小さな花を象った明かりなんですね。それが120万個、200メートルも並ぶこの煌びやかさ。繊細にして豪快。そりゃ節電しろって批判もされますよ(違)。娘も「きれいねー」と言ってました。言わせました。土日の混雑ぶりが凶悪と聞いてたので金曜夜にしたのですが、それでも人いっぱい。しかもこの光の回廊はメイン展示じゃなくてメイン展示へのゲートだという。

日本の四季(夏)。涼やか
日本の四季(夏)。涼やか

メイン展示は毎年趣向が変わって、今年は「日本の四季」をテーマにした展示。一本桜が満開になって散り、緑が萌えたかと思えば花火まで上がっていて、それが紅葉で真っ赤に染まり、静かに雪景色に変わっていくという、なぜかラテン系の音楽に乗せて光が刻々と変わっていくイルミでした。動きがある分、写真に撮りにくいというかキメどころの見えにくいのが難かなと思いましたけど、広い空間に奥行きのある舞台芸術で新鮮なものでした。

東北のイメージ風景としてのエドヒガン一本桜を中心に据えることで、東北へのエールを送ってるんですってね。帰ってから知りました。そういえばそんな祈りが伝わってきたな(適当)。寒くなってきたので長居せずホテルへ帰ります。

ホテル、マリオットアソシアは周辺では最高クラスのホテルですけども、初めて泊まりました。いやお金持ちだと言ってるわけじゃなくて。小さい子連れだと駅直結の至便がいいんですよね。ダブルベッドルームで、娘が落ちないように両脇から親が挟んで寝る態勢。今回はここで2泊します。いいホテルでした。

2011年11月26日(2日目) アンパンマンデー

名古屋アンパンマンミュージアム。乗れない観覧車がお出迎え
名古屋アンパンマンミュージアム。乗れない観覧車がお出迎え

2日目はいよいよアンパンマンミュージアムへ。近鉄に乗って桑名下車、バスは混んでたのでタクシーで。先のなばなの里のさらに南、長島温泉、ナガシマリゾートにあります。ナガシマリゾートは遊園地、温泉、ホテル、アウトレットパークなどが集まったところで、なばなの里もナガシマリゾートの運営。アンパンマンミュージアムはナガシマリゾートエリア内にありながら、ここだけ別運営という感じなんですけども。最初は宿泊もナガシマでと考えたのですが、高すぎたのでやめました。名古屋駅から40分ほどと遠くないですしね。

アンパンマンミュージアムは横浜と仙台にもあって、自宅から横浜のミュージアムへは30分ほどで行けることもあり、何回か訪問済み。でも横浜のと仙台のは「横浜(仙台)アンパンマンこどもミュージアム&モール」という正式名称なのに対し、こちらは「名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク」、「モール」対「パーク」と分かりやすく設計が違っています。広めのパークエリアに、遊びがあちこちにあります。横浜ではミュージアムの建物内にある遊具がパークへ撒かれている感じ。充実度という点では「あれ?結局同じくらい?」なんですが、屋外に広がるというだけで開放感が違います。

ミュージアム内。すべり台はすべらず
ミュージアム内。すべり台はすべらず

娘は当然大興奮。「れーぱんまん(カレーパンマン)! うーぱんまん(しょくぱんまん)! ちーず! あ、きんちゃん(ドキンちゃん)!」とお気に入りのキャラクターを見つけては走りまわって遊びます。人を押しのけてまで遊具確保するずうずうしさが(まだ)ない、優しい子という名の内弁慶なので、競り負けて寂しい想いをしたりしてます。アンパンマン号に乗りたいのに遠慮したりとか。

ミュージアム内はそれほど広くなくて、でも娘はジオラマとかおもちゃとか名前も分からないゲームとか何度も行ったり戻ったりして遊ぶのでしばらく過ごせます。アンパンマンとばいきんまんの大きなゴムボールを投げて遊べるエリア、横浜にもありますが、こちらのほうが広いですね。ボール遊びも最近好きなので「ぽーん」つって投げ合って遊びました。

アンパンマンショー。しょくぱんまん大変
アンパンマンショー。しょくぱんまん大変

それにしてもいい天気。レストランが大行列だったのでテイクアウトを買って外に座って食べてたら、アンパンマンショーが始まりました。わ。ここが舞台になるのか。クリスマス仕様で、サンタになったアンパンマンたち(ばいきんまんはトナカイ)が歌い踊ります。短めキュロットに生足のお姉さん×4も飛び跳ねててお父さん方も釘付け。ショーのことをわかっておらず、ゴハンのためにとあいたベンチを急いで陣取った場所だったので舞台の斜め後ろというところだったのですが、リアルれーぱんまんに娘は喜び、私も10分もビデオカメラを回してしまって今回の旅での最も長いビデオになりました。

被り物でのダンスは大変ですね。しょくぱんまんなんて頭傾けたら落ちそう。しょくぱんまんが大変!と言ったら「うーぱんまん、たいへん、ねー」と口真似。以後しばらくテレビアニメでしょくぱんまんが出てくるたびに「うーぱんまんたいへん」と口走ることになりますが、それはまた後日のお話。

ショップでぬいぐるみなぞを買って、アンパンマンミュージアムを後にします。続いてスパーランドへ。

このページへのコメント