氷川神社

武蔵国一宮で、首都圏に点在する氷川神社の総本社、氷川神社。紀元前473年(孝昭天皇3年)創建という古社です。正式名称は氷川神社ですが、他の氷川神社と区別するときは大宮氷川神社と呼ばれます。

もともとは見沼という大きな沼の畔に位置し、水神を祀ったのが始まりと言われています。現在は須佐之男命、奇稲田姫命などを祀っています。

見沼の名残という境内の神池と、そこを渡る神橋の周辺がパワースポットです。本殿のあたりは須佐之男命のエネルギーが感じられるところです。

名称
氷川神社(ひかわじんじゃ)
所在地
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407
営業時間
9~16時
料金
無料
公共交通
首都高速 新都心西出入口から20分
サイト
氷川神社

氷川神社周辺の温泉・宿泊施設

パワースポットのパワーをよりいっそう吸収するにはあわせて温泉に立ち寄るのが効果的。氷川神社周辺の温泉としては、日帰り温泉施設、野天湯元・湯快爽快「湯けむり横丁」おおみやが4kmほどのところにあります。宿泊の温泉地としてはあまりなく、都内になりますが、鴎外温泉が天然温泉の宿です。

周辺のおすすめ温泉宿

周辺の日帰り温泉

氷川神社の関連アイテム

埼玉県南部(さいたま)の天気予報

埼玉のパワースポット